作業服とはその名の通り、何かを作ったり修理したりという作業時に着用するものです。しかし作業服といってもつなぎタイプのものや、上下で分かれているタイプのもの、また汚れる作業時に着るものや安全作業のために着るものなど様々です。どんな作業にどんな作業服が適切か、そして作業服の価格は一体どのようになっているのでしょうか。

作業服の機能

汚れるか、危険が伴うか、など作業にも様々なものがあるように、作業服の種類も多様です。ですが、どのような作業をするかによって着用すべき作業服が限られる場合もあります。作業とそれに必要な機能を備えた作業服を選べるようにしておきましょう。

機能で選ぶ作業服

こんな機能があるの?!

安全を重視した作業服

蛍光色の作業服で夜間の作業も安全!

夜間に屋外の作業が求められる人は、目立つ服装を心掛けるのが重要です。目立ちにくい服装で作業を行っていると、周囲の人には見えにくいので、事故を起こしてしまう危険性があります。特に冬場の夜間作業は事故の発生率が高いため、目立ちやすい服装が欠かせません。そこでおすすめなのが、蛍光色の作業服を着ることです。蛍光色の作業服は夜間でも目立ちやすく、車の中からでも作業中の人を見つけやすいというメリットがあります。 この蛍光色の作業服はトンネルでの作業にも役立ちます。蛍光色の作業服を着ていれば、懐中電灯で照らさなくても何処で作業しているかが分かります。そのためトンネルでの作業で作業員同士の距離感が掴みやすいというメリットが得られます。

機械を取り扱う場合はシンプルなデザインの作業服を選ぼう

作業服のデザインは豊富にあります。見た目を重視したカッコイイデザインのものもあれば、寒さ対策に特化した作業服も作られています。それぞれの作業服にメリットがあり、自分の職場に合ったものを選ぶのが重要になります。例えば機械を取り扱っている職業の人が、安全性を重視した作業服を選びたい場は、シンプルなデザインの作業服を選ぶのがおすすめです。シンプルなデザインの作業服は突起物が少なく、機械に引っかからないようなデザインになっています。そのため作業中に機械に巻き込まれて事故を起こしてしまうリスクを下げられるでしょう。 機械を取り扱う仕事を行っている場合は、なるべくポケットの少ないものを選ぶのも重要になります。ポケットが多いと、その分周囲にあるものに引っかかって事故を起こしてしまうリスクが高まります。そのような事故を回避するためにもポケットの少ないものを選びましょう。

作業服の価格

作業服に限らず、何かを選ぶ際に考えなければならないのが価格です。高いものは良い、それは作業服にもいえることなのでしょうか。必要な機能を備えつつ価格を抑えるには、どのようなことに注意すればいいのか考えてみましょう。

コスパの良い作業服とは

プライベートで着る服であれば、自分の好みで選べばよいので、出来るだけ安いものを選ぶという方法はあります。しかし、仕事で使う作業服となるとそうはいきません。仕事に支障が無いように、また仕事がスムーズ…

安全か、安価か、重視すべきは?

作業着は仕事や作業に支障がなく効率のよい動きが出来るために、取り入れられている企業が多くあります。また、企業によっては社員の制服のような位置づけで作業着を取り入れているところもあります。作業着には…

作業服のコストを下げる前に

工場など労働者を雇っている経営者は作業服のコストを気にしないといけません。作業服は従業員の数だけ必要になるので、たくさん仕入れます。替えの作業服も必要で、かなりのお金が必要です。なるべく作業服のコ…

作業服は軽くて動きやすいものがお勧め!

重いものを持つ仕事や動きが激しい作業を行う場合、服装にも工夫をしたいものです。作業服は身体にフィットして、動きやすい軽めの素材を使ったものがお勧めです。